一般的にサプリメントと呼ばれるカプセルや錠剤は、製造のために添加物が必要です。
また、カプセルに使用する素材自体が添加物とも言えます。

しかし、製造にあたっては添加物の種類や量をできるだけ減らす努力をすることは可能です。
当社でも必要最低限の添加物を使用していますので、それをいくつかご紹介します。

【HPMC】
ヒドロキシプロピルメチルセルロース(HPMC)は、従来から医薬品に使用されてきたセルロース(植物の繊維)のカプセル素材です。ゼラチンを使用したカプセルよりも高価ですが、性能が高いため、当社ではほとんどのハードカプセルに採用しています。

【プルラン】
トウモロコシなどの澱粉から作られた植物性のハードカプセル素材です。

【ゼラチン、グリセリン】
ソフトカプセルの原料(被包材)として使用しています。

【ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、セルロース、デキストリン(澱粉分解物)、トレハロース、ショ糖脂肪酸エステル】 
主にハードカプセルへの原料の充填をスムーズに行うために使用しています。

【デキストリン(澱粉分解物)、還元麦芽糖水飴(マルチトール)、ソルビトール】
原料の粉を固める(錠剤にする)ために使用しています。

※当社では、製造に必須ではない合成着色料、人工甘味料、光沢剤、保存料などは使用していません。

よくあるご質問の一覧はこちら