ソフトカプセルでもハードカプセルでも錠剤でも、保管は室温(15~30℃)ですることをお勧めしています。

ソフトカプセルは、カプセル内容物の安定化にはとても優れていますが、カプセル自体熱や湿気に弱い点がありますので、外観変化が起こる保存・保管条件について以下詳しく記載します。

①長期保存条件として室温(15~30℃)、湿度40~60%が好ましいとされています。
②40℃で付着やひっつきが見られ、60℃ではカプセルが柔らかくなり変形が発生します。
③低温(15℃以下)で長期保存をするとカプセルが固くなりますが、通常は問題ありません。
④急激な温度低下(4℃以下、冷蔵庫、冬季の屋外)を受けますとカプセル内部に気泡を発生する場合があります。

※室温で1~2日放置すると、この気泡は消失します。

関連するQ&A

サプリメントは冷蔵庫で保存してよいですか? サプリメントのラベルが日焼けして色が変わってしまいます。直射日光の当たらない場所に置いていますが、どこに置けば良いのでしょうか。 夏の気温の高い期間はどのような配送を行っていますか? サプリメントを開けてから飲むのを止めてしまい、中途半端に残っているものがあります。 また飲み始めようと思っているのですが、飲んでも大丈夫ですか? サプリメントは買いだめしてもよいの? サプリメントの賞味期限はどれくらいですか? ソフトカプセルサプリメントの原材料にグリセリンが入っていますがなんのために配合していますか?
よくあるご質問の一覧はこちら