紫外線からのダメージには、紫外線を浴びてから数時間後に現れる赤くなる症状(紅斑)と、数日後に現れる色素沈着、さらに紫外線ダメージの蓄積によるシミやシワなどが挙げられます。

そのため、紫外線対策には「肌の炎症抑制作用のある栄養素」や「黒色色素(メラニン)生成を抑える栄養素」「抗酸化作用のある栄養素」「バリア機能を維持し肌への刺激を軽減する栄養素」などの摂取がお勧めです。

カロテノイド(β-カロテン、リコピンなど)
 ・紫外線ダメージによる肌の炎症抑制
 ・抗酸化作用

ビタミンE
 ・抗酸化作用
 ・ビタミンCとの併用で日焼け防止効果

ビタミンC
 ・抗酸化作用
 ・ビタミンCとの併用で日焼け防止効果

α-リノレン酸
 ・肌のバリア機能維持
 ・紫外線などの刺激から肌を保護

コエンザイムQ10
 ・抗酸化作用
 ・シワの形成抑制作用

グルタチオン
 ・抗酸化作用
 ・黒色色素(メラニン)生成抑制作用

関連するQ&A

コエンザイムQ10もピクノジェノール®も抗酸化作用のある栄養素だと聞きました。それぞれどのような特徴がありますか? 肩こりや腰痛、冷え症、月経痛などが気になります。抗酸化作用のある栄養素を摂ることを勧められましたが、どのように良いのでしょうか? 「血液サラサラ」「血糖値を下げる」「血管年齢を若返らせる」のに有効な栄養素はありますか? 花粉症対策にお勧めの栄養素は何ですか?
よくあるご質問の一覧はこちら